ナイトビジネスの階級|女性だけでなく男性もキャバクラやガールズバーで高時給で働ける!

女性だけでなく男性もキャバクラやガールズバーで高時給で働ける!

ナイトビジネスの階級

お酒を一人で飲む女性

もちろん、こういった世界にも昇進、というものはあります。自分の目標を持って働き始めると、より働くモチベーションも上がることでしょう。一般的な会社では、まず平社員から始まり、主任、係長、課長、次長、部長、など、とにかく上に行くには道のりが長い!!会社員、となると圧倒的に抱えている社員の人数が多いので、ずっと働き続けても昇進出来るかどうかもわかりませんし、いいお給料を貰うまでに時間がかかりすぎます。

しかし、ナイトビジネスの男性スタッフは未経験から始めたとしても昇進が可能なのです。特別な資格なども一切不要!日々真面目に働いていたらあっという間に高時給も夢ではありません。では、ナイトビジネスにおける昇進とはどんなものか。
まず、働き始めはウエイターとして働きます。この段階で店のことを把握し、営業時間の流れをしっかり掴む必要があります。ここでスムーズに出来たなら昇進も早いでしょう。

ウエイターの次は、マネージャーです。この役職では、女の子を担当に持ち、その子の指名が増えるようにサポートすることが主な仕事内容になります。まさにマネージメント能力を問われるものになってきます。どうやったらお客様から人気が出るか、悩んでいるのなら聞いてあげたり、とにかく優しく包み込むような気持ちで働かなければならないのでメンタル面では少々負担が大きい仕事かもしれませんが、その分担当の女の子の指名数が上がったり、売上が伸びたりすることで共に喜びを感じられますし、それが昇進に繋がるのです。

そして、マネージャーとしていい働きをして昇進できれば次は店長または幹部候補とも呼ばれるものです。これは言わずもがな、店全体の運営やサポートを行います。早い人では入店してから一年ほどでここまでのし上がる人もいるので夢のある業界ですよね。誰しも店長になれる、というわけではないですが、日々の努力することが昇進、そして高時給に繋がります。

黒服の仕事とは

女性の顎を持つ男性

高時給かつ黒服、というなんとも怪しげな名前。聞いたことはあるけど実際は何をする仕事なのか把握している人は少ないと思います。仕事の概要を知っていれば、少なからず興味を持てるはずです。

ナイトビジネスの階級

お酒を一人で飲む女性

キャバクラやガールズバーを支える男性スタッフの仕事はナイトビジネスとも言われています。ナイトビジネスの世界にも一般的な会社と同様、より高時給を得られる昇進というものがあるのをご存知でしたか?

求める条件

夜のお店の中

高時給のお仕事であるからといって、資格が必要であったり、何か難しいことを要求される、というわけではありません。ナイトビジネスは優しさを持っている人なら誰でも働けるお仕事なのです。

テーマ一覧

バーカウンター

「女性だけでなく男性もキャバクラやガールズバーで高時給で働ける!」のテーマ一覧です。

↑ PAGE TOP